クライアント企業のクリエイティブ戦略を具現化します

オープンソース導入支援

  • HOME »
  • オープンソース導入支援


ビジネス業務に適したオープンソースソフトウェアを業務に活用することで、費用対効果を上げる支援をさせていただきます。

oss

「オープンソース・開発・サービス」として、クラウドを利用した各種サービスのごカスタマイズをさせていただきます。 運用環境については、特定のクラウドサービスに依存しないサービスをご提供致します。

クラウド基盤環境

  • IBM Bluemix / SoftLayer
  • Cloudn
  • Microsoft Azure
  • IIJ GIO
  • Google Cloud Platform
  • AWS

特定のクラウドサービスに依存しないソリューションをご提供させていただきますので、ご希望のクラウド基盤構築に対応致します。想定されているオープンソースとワークフローをお伝えください。

OSS(オープンソース・ソフトウエア)

通常のソフトウエアのソースは知的財産で保護され、ソフトウエア・ベンダーは、作成されたバイナリのみを販売してビジネスとしています。
それに対して、OSS(オープンソース・ソフトウエア)は、ソースコードが無償で公開され、改良や再配布を行うことが誰に対しても許可されているソフトウエアのことの呼称です。OSSは、OSやデータベースといった企業向けシステムでの利用を目的としたものが対象です。OSSは、システムでも使用に耐える機能や品質を実現するために、多くのボランティア開発者がインターネットを介して共同開発しておりOSSコミュニティによりアップデートされています。OSSは改良や再配布を行うことが誰に対しても許可されていますが、まったくの無条件というわけではありません。このような改良や再配布を行う際の制限事項を定義したものがOSSライセンスが必要となります。
OSSとして提供されている代表的なソフトウエアとしては、LinuxやApacheがあります。
初期のOSSは、LinuxやApacheのように、OSやWebサーバといった基盤系のソフトウエアがほとんどでしたが、その後のOSSの発展により、現在ではERP、CRMといった業務アプリケーションの分野にまで拡がっています。

PAGETOP
Copyright © Realswing All Rights Reserved.