クライアント企業のクリエイティブ戦略を具現化します

映像コンテンツ企画・制作

  • HOME »
  • 映像コンテンツ企画・制作

mov_title

●プロモーションビデオの企画・制作

「店頭配信用映像」、「配布用映像(DVD/ブルーレイ)」、「 WEB配信映像」

●広報ビデオ (広報・IR)の企画・制作

「店頭配信用映像」、「配布用映像(DVD/ブルーレイ)」、「 WEB配信映像」

●教育ビデオの企画・制作

「人事教育用映像」、「学校教材」、「eラーニング用映像」


SAMPLE1

こんなムービーが作れます

 

SAMPLE2

こんなムービーが作れます

SAMPLE3

こんなムービーが作れます

SAMPLE4

こんなムービーが作れます

 

映像制作の流れ

①オリエンテーション

 クライアント企業様から、制作テーマなどをお伺いし、納期、活用できる素材、ロケーション場
  所、元原稿の有無。(元原稿がない場合は、こちらで、一から取材執筆の形となります。)など、

制作に入る前に、大まかなすり合わせをいたします。

この時点で、映像そのもののスタイルも確定します。「取材形式」か、「ドラマ仕立てか」。

「アニメーション」か、「取材形式」の場合はリポーターを使うか、ナレーションで進行するかな
 ど、どういった体制で、どういった進行でなど、スケジュールとコスト算出ができるところまで
お打ち合わせいたします。

②ラフ提案(弊社)

 弊社では、持ち帰った情報を基に、「たたき台」になる「シノプシス」と「スタッフィング案」
「キャスティング案」と「スケジュール」、「概算コスト」をご提示させていただきます。

③お客様で、検討、方向性を決定

④取材

 撮影に関連する情報を保有する「関連部署」や、代表者。場合によっては「顧客」や「取引先」
に対して、ご協力いただき必要な情報を収集いたします。
この場合にロケハンを実施する場合があります。

⑤シナリオ(構成台本)執筆

「取材した内容」、「既存素材の状況」などに照らしてシナリオ(構成台本)を執筆いたします。
作成したシナリオを基に、再度、お客さまとお打ち合わせし最終稿に持ち込みます。

⑥ロケハン

実際に撮影する場所、「関連部署」「ロケ地」や「スタジオ」に出向き、撮影に必要な
機材、照明、障害などを確認して撮影計画に備えます。

⑦撮影準備

撮影機材の準備とキャストやスタッフに対して、事前に台本を渡し本番に備えます。

⑧撮影

ロケ地、スタジオで実際の撮影を実施します。

⑨粗編/SE製作

撮影した、やりくり用の映像を整理し、つなげて本編集に備えます。
この段階で、SE(音響効果)を、音効さんに発注し、「BGM」「効果音」
を作ってもらいます。

⑩ラッシュ

仮につなげた映像を関係者で試写し、不備がないかをチェックします。

⑪本編集

最終チェックしたマザー映像を基に、映像の編集を行います。

 

⑫ナレーション収録(ナレーターを起用した場合

ナレーション原稿を基にナレーションを収録します。

⑬MA

作成した効果音、BGM、ナレーションを本編集した映像とミックス
します。

⑬完パケ


ストーリミングなどで映像メディアの配信をお考えの方には、ストーリミングサーバーをご紹介の上、アップロードさせていただきます。

また、YotubeとWEBサイトを連動などのご要望にも、ご対応させていただきます。

PAGETOP
Copyright © Realswing All Rights Reserved.