クライアント企業のクリエイティブ戦略を具現化します

ランディングページ最適化

  • HOME »
  • ランディングページ最適化

・LPにおいて第1印象=ファーストビューはとても重要。

・ファーストビューは、違和感をなくしその先を読ませたいと
 思わせること。

・ブレットポイントでメリットや特徴をシンプルに訴求。

インターネットで情報発信を行う場合、リアルと違い、発信側はお客様の行動に直接関わることができません。そのような状況下で、いかに商品の魅力をアピールし、購入意欲をかき立てるかを、1ページに凝縮し成果を目指すことを、LPO(ランディングページ最適化)といいます。

LPとはLanding Pageの略語で「ランディングページ」といわれます。検索エンジンや広告などから訪れたユーザーが一番最初に見たページのことです。

インターネットでは、様々なページが検索エンジンにヒットし、そのページから見始めた、ということが少なありません。ホームページのなかで最初に見たページなので、LPですから意図的な表現を演出できます。

LPO

1・ファーストビューの最適化

キーワード検索からアクセスしたユーザーが、ニーズに合致した商品やサービスだと判断する画面です。画面をスクロールせずに、最初に目に飛び込んでくる部分がファーストビューです。
そこに、いかに商品やサービスの強みが明示されているか、ユーザーのニーズとマッチしているかが書かれているかで、離脱されてしまうかどうかが決まります。それくらい重要なエリアです。

2.問題提起・興味付け

サイトを訪問するユーザーは、何かしらの課題を解決しようとしています。
「このサービスや商品であれば、あなたが抱えている課題を解決できる」ということを強調し、ユーザーの興味を引きます。
次のステップとして、なぜこの商品が課題解決できるのか、何が優れていて、どこがおすすめポイントなのかを、簡潔に訴求します。

3.共感

サービスや商品を求めてきている見込み客の「悩みを」その人の立場で理解しています。見込み客はこういうところに悩んでいますよね」と、見込み客の抱えている問題を知っていることをアピールます。
そうすることで、ユーザーが内容に共感し、さらに興味・関心を強めていただきます。

4.解決法の提示

共感を促した次は、見込み客の問題をどのように解決できるかを訴求します。「その課題を解決するためにこの商品がオススメです。」「なぜならば・・・」と、課題解決できる具体的に解決方法を訴求します。

5.商品の裏付け・解決できる証拠

商品の利点を訴求するだけでは、逆効果もあり不信感を抱かせてしまうこともあります。その不信感をなくす必要があります。
見込み客の不安な点や反論を洗い出し、それに対する回答=セルフオブジェクション(自己反論)や、売上実績などのデータをさきんじて示しておくことで、離脱を防ぐことができます。

ベネフィット訴求

「あなたの課題はここですか?」「我々はあなたのことを理解し、そのうえでこの「商品」やサービス」を薦めていますよ」と示すのが商品説明です。
見込み客はその商品を手に入れることで、自分にとってどうメリットがあるかを知りたがっています。これらの、ベネフィット訴求します。

例えば、自動車整備工場のサービスを説明するとき、期間や費用、進め方など自動車整備にかかわるさまざまな不安や疑問があるはずです。それを「私たちなら解消できますよ」というメリットを、しっかり文章化して明示します。

差別化訴求

「商品に独自性はあるのか」「競合と比較して優位なポイントは」「過去製品とくらべどのくらい向上したのか」など、具体的にデータで示すことで、説得します。

データ

抽象的な文言は、イメージをふくらませることはできますが、具体的な数字で示すことで、より客観性が増し、理解を深めてもらえます。グラフ(視認性)を使ったり、公共機関からの調査データを引用したり(信ぴょう性)を持たせます。

社会的保証

この会社は本当に信頼できるのか、ユーザーはつねに疑っています。それらの解消には、第三者の声「自分たちだけに都合のよいことを言っていないか?」ユーザーはつねに厳しい目でホームページを冷静に見ています。そのてん、利用者の声は貴重で、利用者がそういうなら、と自然な気持ちでその情報を受け入れてくれる工夫をします。

6.完 結

見込み客の背中を押し、決済するような内容を示す必要があります。「期間限定」「今なら特典付き」「商品を買わないと損をする」など、今ここで成約する理由を示すことで見込み客を顧客に転換させます。

PAGETOP
Copyright © Realswing All Rights Reserved.