クライアント企業のクリエイティブ戦略を具現化します

Facebookページを作りましょう

  • HOME »
  • Facebookページを作りましょう

ユーザーとの関係性を深めるツールがFacebookです。

face

Facebookは、世界13億人・日本国内2,100万人以上が登録する世界最大のSNSです。

ネットビジネスに限らず、ビジネスで売上を増やすためには優良な顧客・見込み顧客(ユーザー)の獲得が重要です。特に、ファン(リピーター)になるユーザーが商品・サービスにもたらす価値は非常に高いと言われています。

ファンの創出・育成できるFacebook

Facebookページを通して、関係性を深めれば、ユーザーとの信頼が生まれます。新規ユーザーの獲得や既存ユーザーへのフォローなど継続的なつながりが生まれます。

Facebookページ成功のフロー

1.Facebookページを作成する

Facebookマーケティングは、Facebookページを作ることからすべてが始まります。
企業やブランドメッセージを、より明確に伝えられるように表現が必要になります。ヘッダー画像、アイコンや運用ポリシーなども重要です。また、一度作りますと作り直しは基本的には難しくなります。また、URLも決められますが、これも基本的には変更はききません。

2.より多くのファンをつなげる

Facebookページを開設した後、集客をしてファンになって(「いいね!」をクリックして)もらうべく告知が必要です。
自社ホームページやソーシャルメディアやメルマガなど、既存の媒体との連動で、ファンをつくります。最初からFacebook有料広告を使うのではなく、既にある「資産」やマーケティング施策を活用します。自社やブランドにすでに理解や愛着を持ってくれている人をFacebookページのファンにします。そしてつぎには、Facebook広告を効果的に活用して、より多くのファンとつながります。Facebook広告では適切なターゲットを設定した複数の広告素材を用意し、ユーザーの反応を見ながらチューニングすることで、効果を最大化できます。

3.つながったファンと交流する

ユーザーが関心を引く内容をタイムリーに投稿してください。一般的には頻度は週に1、2回が適切と言われています。定期的に投稿しタイムラインに届ける「継続」が重要です。
身近な話題を提供できるように、投稿スケジュールをあらかじめ用意し、リズム感のある投稿で常につながっている状態」=「オールウェイズ・オン(常にオン)」を、演出してください。

ファンが反応したくなる内容や、ファンのタイムラインに共有できる画像などビジュアルを考えた素材を準備しておきます。なお、インサイトという機能で、投稿の反応をデータでわかります。これを用い反応を検証・分析し、改善しつづけるサイクルを確立してください。

4.ファンの友達へと広げる

ファンを通じて、友達の友だちへアプローチしてください。「スポンサー記事」と呼ばれるタイムライン上に出せる広告も効果的です。スポンサー記事は、もともとニュースフィードに掲載される可能性の高い記事を、さらに発展させる方法です。「広告」にクチコミに近い効果が期待できます。
ファンが自分たちのFacebookページを広めてくれる、そのようなサイクルを構築してください。

企業がFacebook活用を成功させるためには、Facebookページを作って、ファンをつなげ、交流し、さらに広げるというフロー(流れ)を、循環させることが重要です。Facebookページのファンになってもらったら終わりではなく、ファンになってもらうことが、すべてのはじまりです。

Facebookではエッジランクという評価基準があります。

Facebookページの投稿は、じつはファンのすべてには届いてはいません。
Facebookではエッジランクとよばれる複雑な計算式によって、個々のユーザーにあった投稿が表示されます。エッジランクが上がると、ファンのタイムラインに投稿が掲載される確率が高まります。他の投稿よりも優先されると考えてください。

エッジランクを上げるには、できるだけ毎日、多くの回数、投稿し、ユーザーからの反応をもらうことが重要と言われています。つまり、「つながり」のメディアであるFacebookの基本に忠実でありましょう、と。親密度×重み×経過時間で決定されます。

エッジランク

エッジランクは、
経過時間>親密度>重みの順番でスコアを優先的に算出されているといわれています。
これらを念頭におき、どのような内容や時間がリアクションをもらえるのか、意識しながら運営するようにしてください。

親密度

親密度は、普段どれだけその人とコミュニケーションを取れているかの度合いです。次のアクションがどれくらい頻繁に行われたかで評価されます。
・コメント
・いいね!
・タグ付け
・メッセージ
投稿をしてコメントがあれば、必ず返信コメントを返す、最低でも「いいね!」をする、これをこころがけて親密度を上げましょう。

重み

重みとはFacebookページに、「いいね!」をしているファン全体の反応です。1つの投稿に対してのリアクションされた回数が多いほど、重みの評価が高くなると考えられています。投稿内
容でも評価が変わります。
リアクションとは投稿に対する「いいね!」やコメントが行われることです。「いいね!」よりもコメントのほうが、評価が高いと言われています。また、通常の記事投稿より、写真投稿、動画投稿のほうが、重みが高くなると言われています。

経過時間

経過時間とは、過去の投稿から新規の投稿までにかかった経過時間をさします。古い投稿ほど評価は低く、新しい投稿ほど評価は高くなります。より新しい投稿、より新しいリアクションで評価が加味されていきます。運営側でコントロールをすることが難しいため、リアクションを受けやすい投稿や投稿時間を検証してください。

ネガティブ・フィードバック

投稿が非表示にされたり、スパム報告されたりなど否定的行動をとられたときに、マイナス点が加点されてしまう、というものです。
多くの場合、投稿が隠される、という処理がされてしまうようです。不快に感じる画像や不適切な表現など、留意してください。

「いいね!」をもらうために、

ファン数を増やしていかないと、表示数をのばせません。少ない表示のもと、その反応の証である「いいね!」数が少ないと、次のような問題が起きてしまいます。
・Facebookページでの投稿はファン数の2割程度%にしか表示されない。
・「いいね!」してもらえないと、投稿の信用度も下がるなどデメリットが増える。
・ファンが読みたいと思うものやシェアしたいと思うことを投稿する。

投稿には次の4パターンがあります。

テキスト投稿

文字のみの投稿。Twitterのように現状何をしているか、といったカジュアルな内容から、まるで論文かのような長いものまで、さまざまな投稿がされています。
いっぽう、文字のみの投稿は画像付きのものよりは、読まれにくい傾向があります。読みやすさを重視しましょう。

リンク投稿

文章中にリンク(htmlで始まるリンク先)を記述し、サムネイル(そのリンク先を表すような小さな画像)が含まれている投稿をさします。
内容をあまり考えなくてすみますので、手軽に投稿でき、サムネイルによりクリックもされやすい、というメリットがあります。一方で、そのサムネイルが切れてしまったり、不適切なものであったりなど、コントロールに気をつけてください。

写真投稿

写真投稿は、写真を添付した投稿です。写真は他の投稿と比べて、一瞬で何かがわかり、理解しやすく、ニュースフィード上でも大きく目立つため、コメントやいいね!がされやすいといった特徴があります。また、容量も無制限(2014年8月時点)ですので、気軽にアップロードできて便利です。投稿する写真の品質には留意しましょう。許諾をとっていな人は写さない、ブランドをイメージさせるものを写すなど、注意してください。

動画投稿

動画を添付した投稿です。情報量が多く、臨場感を伝えられます。いっぽう、ファイルサイズが大きくなるため、尺を短めにしてください。
Facebookでは動画投稿のルールも度々変更さますので、定期的に規約やニュースをチェックしてください。

反応が得やすい投稿パターン

Facebookの投稿では、シンプルで共感を得やすい投稿が重要になります。シンプルでないと、短時間に内容を理解してもらえないだけでなく共感を得られないものです。すると投稿が広がっていきません。内容が複雑で共感できないようなネガティブな投稿は、反応率が低いだけにとどまらず、批判の的になるというリスクも伴います。

 

PAGETOP
Copyright © Realswing All Rights Reserved.